過敏性腸症候群のガスの腹鳴りは鳴ってほしくない時ほど起こりやすい 対処法は?

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

過敏性腸症候群のガスの腹鳴りは鳴ってほしくない時ほど起こりやすい 対処法は?



過敏性腸症候群の特有の症状として、「腹鳴り(腹鳴)」というものがあります。

その名の通り、お腹の音が鳴ってしまう症状のことなのですが、病気でない方の空腹時の腹鳴りとは異なり、お腹の鳴る頻度が尋常ではありません。

しかも鳴ってほしくない時に限って結構大きい音で鳴ったりするため、その音にお悩みの方は少なくないのですよね。

なぜ腹鳴りが起こってしまうのでしょう?
また対処方法は?




お腹の音が鳴る仕組み

そもそも、なぜお腹で音が鳴るのでしょうか。
その仕組みについて簡単に見てみましょう。



空腹時に腹鳴りが起こる仕組み


空腹で、お腹の音が鳴ってしまう経験をされたことがある方は多いと思います。というか、音が鳴った事がないなんて方は、まずいないのではないでしょうか。



お腹で音が鳴る原因は、胃が収縮運動を行うことによるもの。

人間の脳は、血糖値が下がると「空腹」を感じるようにできており、空腹を感じた脳は、食べものが入ってきたときに備えて胃に収縮運動を行うように命令します。

その収縮運動によって胃の中の空気が移動し、胃の出口付近を通り抜ける際に鳴る音が、空腹時に鳴る音の正体です。

お腹が鳴るのは生理現象によるものなのですね。
なので、恥ずかしいことではないのです。

しかし、過敏性腸症候群の方の腹鳴りに関しては、事情が違ってきます。




過敏性腸症候群の腹鳴りが起こる仕組み


過敏性腸症候群の方に起こりやすい腹鳴りは、空腹時に起こる腹鳴りとはまた仕組みが異なります。

大雑把には、空腹時の腹鳴りが胃の動きによるものであるのに対し、過敏性腸症候群の方の場合は、主に腸の動きによって起こっているものだといえるでしょう。




過敏性腸症候群の症状は人によって様々ですが、特にガスに常時悩まされているという方は多いのではないでしょうか。



私の場合だと、ガスが大量に発生しておならが止まらなかったり、目で見て分かるくらい、ガスのせいでお腹が張って痛くなってしまうこともあるくらいです。

ガスが発生するのは、腸の過剰な蠕動運動によるもの。

過敏性腸症候群の方の腹鳴りは、過剰な蠕動運動によって発生したガスや便が、腸の中を移動することで起こります。

その音は空腹時になるような「グゥ〜」という音だったり、「キュウ」とか「ピイ」とか、まるでおならをした時のような音が出ることもあったりするんですね。

ものすごく大きい音で鳴ることもあり、人前で腹鳴りが起こりそうだと気が気ではありません。

特にオフィスや学校で過ごしている場合だと、いつ腹鳴りが起こるかと不安になってしまい、そんな不安が余計にストレスになって、腹鳴りの症状をひどくしてしまうという悪循環を生みます。




先にも述べましたが、お腹が鳴るのは誰にでもあることです。

しかし、過敏性腸症候群の腹鳴りは音の大きさや鳴る頻度が普通ではなく、またお腹の音とは思えないような音(おならのような音)が鳴ったりすることもあります。

私が過敏性腸症候群だと知っているパートナーでさえ、腹鳴りの音をおならの音を勘違いする事があるくらいなので、経験がない人に理解してもらうのは難しいです。

悩みを理解されないのはそれ自体が結構つらいものであり、お腹の音が鳴ってしまうのではというストレスと相まって、余計に症状をひどくしてしまいがちです。

人によっては恐怖感や羞恥心によって、人付き合いが普通にできなくなってしまう場合あります。




腹鳴りは止める薬はある?



一応、腹鳴りを止められるかもしれない薬はあることにはあります。

「止められるかもしれない」というのは、人によって効果の出方には差があり、止まらない人もいるからです。

参考までに書いておくと、市販薬では腸の蠕動運動を緩やかに抑える作用を持つ「セレキノン」や、「ロペラマックサット」と呼ばれる下痢改善薬などがあります。

ただ、下痢止めは便秘の原因となることもありますし、市販薬の常用は副作用が起こる可能性等も考えると、あまりお勧めできません。

薬を利用するのなら、お医者様に症状を相談したうえで合うものを処方してもらいましょう。




なお、ビオフェルミンやガスピタンが良いと言われることがあるようですが、ビオフェルミンは単なる整腸剤であり、過敏性腸症候群の腹鳴りにはあまり効果がないと思います。

参考:ビオフェルミン等で過敏性腸症候群が治るわけではない なら何の為に飲むのか



あとガスピタンはお腹の中に溜まったガスだまりをつぶし、排出しやすくする薬で、ひょっとすると腸内のガスを減らすことで腹鳴りを抑えてくれる作用はあるかもしれません。

ただ、過敏性腸症候群の方のガスの発生量って半端ではないので、腹鳴りにはあまり効果がないのではと思われること、また排出されるガス(おなら)が増えてしまう可能性があるため、あまり良い解決法ではなさそうです。

参考:過敏性腸症候群の人がガスピタンを飲むと 逆におならを増やしてしまうかも




腹鳴りは治すことができるのか?



腹鳴りを止める、もしくは頻度を減らす事ができる薬が見つかったとして、それはそれで重宝するものではありますが、しょせん薬は一時しのぎです。

腹鳴りを治すこと自体はできないのでしょうか?




主には腹鳴りは、過剰なガスや蠕動運動によって起こります。

いわば、過敏性腸症候群の症状が起こることによる副産物のようなものであり、腹鳴りを改善させるには、過敏性腸症候群の症状自体を改善させる必要があります。

過敏性腸症候群の症状は、ストレスによる自律神経の乱れによって起こっているものであるため、過敏性腸症候群を治すためには自律神経の働きを整えることが大切。

とまあ、ありきたりの事を書いてみましたが、そもそもそんな簡単にストレスを取り除けるものではありません。

そんな簡単にストレスをなくせるなら、大半の人はすぐに治っているはずです。

こんなことを言ってはなんですが、過敏性腸症候群の発症には精神的な要因が大きくかかわっているため、完治させるのはかなり難しいと思います。




ただ完治は難しくても、自律神経を整える・鍛える努力や、体に負担をかけない生活習慣や食習慣、物の考え方の改善など、症状の改善にできることは結構たくさんあります。

お医者様に処方していただいた薬に頼るのも良いでしょう。

私の場合、過剰な蠕動運動で腹痛や不快感がある時に、蠕動運動の動きを抑える薬を飲むようにしていましたが、蠕動運動を抑えるとガスもましになるため、症状が強く出ている時期は精神的にも助けられました。

※薬には副作用もあるので、お医者様の指示に従って飲んでください。

薬依存には注意が必要ですが、これなら大丈夫だと思える場面を多く経験していくことは、この病気の改善には大切なことです。




あくまでも私の場合ですが、症状があってもなくても日ごろから運動、食べ物、サプリなど腸に良いと思えることを実践しました。

腸内環境を整えたからといって病気が治るわけではないですが、腸内環境が悪いと症状が悪化しやすいため、できるだけ気を付けりようにしていましたね。

また症状がひどい時は、何をやってもダメだ・・・と余計にストレスを溜めこみがちになりやすいですが、できるだけ細かいことを気にしないような、物の考え方を身につけるよう努力しました。

そうするうちに、全ての症状が軽くなっていったんですよね。

症状が軽くなれば、腹鳴りが起こる頻度も激減します。
考え方も変わり、たとえ症状が起こったとしても、気にしないでいられるようになりました。

過敏性腸症候群は完治していませんが日常で困ることはほとんどなくなり、この状態を維持できればいいやと思っています。

私の体験は、現状悩まれている方にはあまり参考にならないかもですが、ダメなときは薬に頼る、また生活や食事を改善するなどできることをやった上で、最終的には開き直ることも大事です。





過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ 当サイトいちおしのサプリを紹介


腸内環境改善のための乳酸菌摂取は、乳酸菌の種類と量がカギです。上記ページでは、過敏性腸症候群で乳酸菌の摂取を検討している・・・そんな方におすすめの乳酸菌サプリメントをご紹介しています。



過敏性腸症候群のにおいに悩んでいる管理人がおすすめする、消臭サプリメントを紹介


過敏性腸症候群が原因の体臭が気になる・・・そんな方におすすめできる、におい対策サプリメントを紹介しています。


いずれも、掲載しているのは現時点でおすすめできると思う製品であり、今後変わるかもしれません。

乳酸菌を摂ろう

ガスのにおいを消臭!サプリメント

ガスのにおいを消臭!グッズ

運動で症状緩和

過敏性腸症候群 においの原因と対策

過敏性腸症候群の症状改善のために

過敏性腸症候群の基本知識

ページのトップへ戻る