空腹時に食事をとると過敏性腸症候群の腹痛・ガス症状の反動がきつい 対処方法は?

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

空腹時に食事をとると過敏性腸症候群の腹痛・ガス症状の反動がきつい 対処方法は?



過敏性腸症候群の方で、お腹が空いているときに食事をすると腹痛が起きたり、ガスが大量に発生して膨満感が起きる・・・なんて経験をされた方は少なくありません。

私自身も、数えきれなくらい何度もその経験があります。ひどいと、下痢に発展することもあるのですよね。

急に食事を摂ったその刺激が腸に伝わり、過剰に蠕動運動がおきてしまうために腹痛やガスの発生が起こるわけですが、これ、かなりきついです。

痛みがつらいことはもちろんですが、沢山のガスが発生するため、おならとしてガスを排出する間がなく、お腹がパンパンになってしまうんです。

この腹痛とガスは、一旦起こってしまうと時間が過ぎるのを待つか、痛みは薬で対処するしかなくなります。

起こってからどうにかするのではなく、起こらないようにすることが肝心です。




空腹になりすぎるのが一番いけない

食事をした後にひどい腹痛やガス発生が起こるのは、高確率で空腹時に食べ物を食べた時です。



良くないとは思いつつも、お腹が空いていると急いで食べてしまいますよね?その刺激の負担が大きいために、腹痛やガス発生が起こります。




お腹に何も入っていない状態が続くと胃や腸は一時的に休憩しますが、その状態で物を食べるというのは、胃腸には結構な負担です。

過敏性腸症候群の方でなくても、食事の間が空き過ぎた場合は、消化の良いものをゆっくり食べるようにした方が良いといわれています。

ましてや、過敏性腸症候群の方の場合は胃腸が刺激に反応しやすいですから、健康な方以上に気を付ける必要があります。




仕事などで食事の間が空いてしまう場合は


空腹になりすぎないように気を付けることはもちろんですが、仕事をしていると、時間の都合でお昼を抜いてしまうような事もあるかもしれません。

そんなときのために、簡単に食べられるものを常に携帯しておくと良いでしょう。



一口サイズのカロリーメイトのようなものとか、職場などでも簡単に口に放り込めるものがおすすめです。

ほんの少しでも食べ物を胃にいれておくと、食事の間が空いたとしても、次に食べた時の胃腸の反応は大きく違ってきます。



それでも空腹になってしまった場合は


簡単なものすら食べることができず、空腹になり過ぎてしまった場合は、お腹はとても空いているとは思いますが、消化の良いものをゆっくり時間をかけて食べるようにしてください。

消化の良いものとは、脂肪分やたんぱく質が多すぎない食事です。



脂肪やたんぱく質は特に消化に負担がかかりやすく、空腹時の胃腸には刺激となりやすいため、沢山食べるのはお勧めできません。

あと、良くかんで食べることも重要です。

良くかんで食べることを心がけると、一気食いを防ぐこともできるため、胃腸への負担を最小限に抑えることができます。




食事後にお腹が痛くなった、またガスが大量に発生してしまった場合は…



気を付けていても、食事をした後にひどい腹痛やガス発生が起こってしまう事はあります。

正直、症状が出た場合は時間が経過するのを待つか、痛みは薬で対処するしかありませんし、発生したガスも排出されるのを待つしかありません。

外出時に起こった場合に備えて普段からお医者様にもらった薬や、自分の症状に合った市販薬を持ち歩くようにしておきましょう。

たとえ症状がでなくても、薬を持っているというだけで安心できるはずです。




ガスの大量発生に関しては、体の外へおならとして排出するしかないのですが、思ったときに出てくれるとは限りません。

人前でうっかりして漏らしてしまってもあわてなくて済むように、おならが臭くなりすぎないよう日ごろから食生活に気を付けたり、消臭系のグッズを活用しましょう。

今は、おならをしても周りに気づかれないでいられるくらい、びっくりしてしまうような優秀な消臭グッズも存在します。

そういったものを普段から利用するようにしておくと、万が一おならがでてしまったとしても大丈夫だと安心することができ、その安心が心の安定にもつながります。

特に消臭スプレーは、とりあえず常備しておくとおなら対策以外にも活用でき、とても便利です。

参考:過敏性腸症候群のにおいが気になる方におすすめの消臭スプレー
参考:シャンピニオンのサプリメントは過敏性腸症候群のにおい消しに効果的?




あと、自宅にいる時に食事後の腹痛やガス発生が起こった場合は、おなかを温めてみるというのも手です。

私自身はお腹を電気毛布でくるんだり、程々に温かい湯船につかる事が多いでしょうか。いずれもリラックスできるくらいの温度がおすすめです。

痛みが治まるとまではいかないものの、おなかを温めることで痛みが和らぎやすくなりますし、腸の緊張が解けるからなのか、スムーズにガスが出やすくなります。





過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ 当サイトいちおしのサプリを紹介


腸内環境改善のための乳酸菌摂取は、乳酸菌の種類と量がカギです。上記ページでは、過敏性腸症候群で乳酸菌の摂取を検討している・・・そんな方におすすめの乳酸菌サプリメントをご紹介しています。



過敏性腸症候群のにおいに悩んでいる管理人がおすすめする、消臭サプリメントを紹介


過敏性腸症候群が原因の体臭が気になる・・・そんな方におすすめできる、におい対策サプリメントを紹介しています。


いずれも、掲載しているのは現時点でおすすめできると思う製品であり、今後変わるかもしれません。

乳酸菌を摂ろう

ガスのにおいを消臭!サプリメント

ガスのにおいを消臭!グッズ

運動で症状緩和

過敏性腸症候群 においの原因と対策

過敏性腸症候群の症状改善のために

過敏性腸症候群の基本知識

ページのトップへ戻る