肉を食べると過敏性腸症候群のにおいが強くなる?

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

肉を食べると過敏性腸症候群のにおいが強くなる?



過敏性腸症候群の方で、体臭を気にしている方は少なくないと思います。

過敏性腸症候群でなくとも体臭は気になるものですが、過敏性腸症候群を発症すると特有のにおいが強くなりやすく、どうしても神経質に気にしてしまうのですよね。

特に肉を沢山食べた翌日は、おならや便のにおいはもちろん、体臭も強くなります。

普通の体調の人でも、肉を沢山食べる生活を送っていれば体臭が強くなりますが、過敏性腸症候群の方の場合、その反応が顕著に出てしまいやすいのです。

例えば私などは、前日の晩に肉を食べると翌朝には特有のにおいが出てきてしまいます。私はともかく、肉が大好きな方にとっては辛いことではないでしょうか。

しかしなぜ、肉を食べると過敏性腸症候群ならではのにおいが強くなってしまうのでしょうか?また、強くなったにおいを改善する方法は?




動物性たんぱく質は分解時に悪臭物質を発生させやすい

お肉には、動物性たんぱく質が豊富に含まれています。



体を形成するために大切な役割を果たす栄養素ですが、その動物性たんぱく質が腸内で分解される際、硫化水素やアンモニア、インドール、スカトールといった悪臭を放つ成分が発生します。

正確にいうと、悪玉菌が動物性たんぱく質を分解する際に、それらの悪臭成分が発生するのですね。

腸内が善玉菌優勢か、悪玉菌優勢かにもよりますが、肉を食べる量が多ければ多いほどよりたくさんの悪臭成分が発生するため、便やおならが臭くなってしまうのです。




なお、悪臭成分はおならとして排出されるだけではなく、腸壁からも吸収されます。

腸壁から吸収された成分は血中に溶け込んで全身を周り、一部は呼吸器官や汗腺などから排出されます。それが体臭や口臭の原因です。

もともと、過敏性腸症候群の方は腸内のガスの発生量が多いため、腸壁から吸収されるガスの量も多い傾向にあります。

それゆえに、過敏性腸症候群の方は普通の方よりもにおいが強くなりやすいのです。




動物性たんぱく質は消化に時間がかかりやすい



大豆のような植物性のたんぱく質に比べ、動物性たんぱく質は消化に時間がかかります。

胃にも腸にもとどまっている時間が長いため、消化器官に負担をかけやすいこと、また長時間温度の高い体内にとどまり続けることで、発酵・腐敗してしまいます。

当然ですが腐敗した食べものは悪臭を放ちます。食べものが腸内に留まる時間が長いほど、悪臭はひどくなります。

そういった悪臭によって便やおならが臭くなってしまうのはもちろん、腸壁から吸収された悪臭成分は、体臭や口臭の原因にもなってしまうのです。

特に便秘しやすい方だと、においも強くなりやすいといえるでしょう。







肉を食べるとにおいの元となる皮脂が多くなりやすい



肉・・といってもいろいろありますが、大抵は植物性のたんぱく質よりも、動物性たんぱく質を含む肉の方が高脂肪であることが多いです。

そんな脂肪分が多い肉を食べると、その消化吸収の過程で脂肪が血中に溶け込み、一部は皮脂として排出されます。

皮脂は適度な量であれば肌や髪を潤してくれるなどメリットも多いのですが、分泌量が多すぎると雑菌を繁殖させやすくなったり、皮脂が酸化しやすくなります。

雑菌や酸化した皮脂は不快なにおいのもとです。
よく肉を食べる人の体臭が強いのは、こうした雑菌や酸化した皮脂も大いに関係しているといえるでしょう。





腸内が善玉菌優勢か、悪玉菌優勢かでにおいは変わる

先にも述べたように、動物性たんぱく質は腸内で分解される際に悪臭成分を発生させやすく、それが体臭の大きな原因となります。

ただ、必ずしも悪臭成分を発生させてしまうかというとそうではありません。

悪臭成分が発生するのは、悪玉菌がたんぱく質を分解する場合であり、善玉菌の活動によって分解される場合には、悪臭成分はほとんど発生しません。

もともとの腸内環境が良いとにおいはそれ程強くなりませんが、腸内環境が悪いと、悪玉菌の活動によってよりにおいが強くなりやすいのですね。




なお、動物性たんぱく質は悪玉菌の好物であり、肉を食べると悪玉菌が活性化しやすくなります。

腸内には善玉菌や悪玉菌のほか、日和見菌とよばれる菌が存在しているのですが、日和見菌は優勢になった菌の味方をするという性質を持っているため、悪玉菌が活性化して優勢になると、日和見菌まで悪玉菌の働きをしてしまうんです。



日和見菌は腸内では最も数の多い菌ですから、日和見菌が悪玉菌の味方をするようになると一気に腸内環境を悪化させてしまいます。




もともと腸内環境の良い方が少量の肉を食べるくらいであれば、腸内の環境を悪くしてしまうことはないと思いますが、肉ばかりを食べる生活を送っている場合、腸内は悪玉菌優勢の状態を保ちやすくなっているため、体臭が強くなりやすいといえるでしょう。

特に過敏性腸症候群の方は、ちょっとしたきっかけで腸内環境を悪化させやすいため、肉を沢山食べる生活を送ると体臭が強くなりやすい傾向にあります。

においが気になるからといって、全く動物性のたんぱく質を摂らないというのは極端ですが、量を摂りすぎないように注意しましょう。

また、日ごろから腸内環境が善玉菌優勢に傾きやすいよう、乳酸菌摂取などを心掛けることが大切です。




強くなったにおい(体臭) 改善できる?



日ごろから肉食に偏っている方はもちろんですが、一時的にではあっても肉類を沢山食べると多かれ少なかれ体臭は強くなります。

一度強くなってしまった体臭はしばらく続くでしょう。
体内に悪臭のもととなっている食べ物がある限り、においは続きます。

少しでも早くにおいを改善したい場合は、絶対に便秘をしないことと食べ過ぎないこと、いつもよりも乳酸菌を多めに摂取すること、また肉を食べるのを少し控えてみて下さい。
・便秘をしない
・食べ過ぎない
・乳酸菌を多めに摂取
・肉を控える

乳酸菌はヨーグルトなどよりも、大量の菌を簡単に摂取できるサプリメントの利用が好ましいです。ヨーグルトだと大量に摂らなくてはならず、ともすると消化器官に余計な負担をかけてしまうかもしれません。

参考ページ: 過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ ヨーグルトよりも安く効率が良い

上記を実施した場合であっても、今すぐ体臭を消すことは難しいですが、数日で大分とにおいはましになるはずです。少なくとも、私の場合は2日程でかなりにおいが改善されます。




今すぐ体臭をどうにかしなくてはならない場合は、ちゃんと効果が期待できる消臭用のアイテムやサプリメントを利用すると良いでしょう。

そういったアイテムを使ったとしても、完全ににおいを消すことは難しいですが、何もしないよりは全然ましになります。

参考ページ: シャンピニオンのサプリメントは過敏性腸症候群のにおい消しに効果的?
参考ページ: 消臭スプレーを侮るべからず 過敏性腸症候群のにおいが気になる方におすすめの消臭スプレー






過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ 当サイトいちおしのサプリを紹介


腸内環境改善のための乳酸菌摂取は、乳酸菌の種類と量がカギです。上記ページでは、過敏性腸症候群で乳酸菌の摂取を検討している・・・そんな方におすすめの乳酸菌サプリメントをご紹介しています。



過敏性腸症候群のにおいに悩んでいる管理人がおすすめする、消臭サプリメントを紹介


過敏性腸症候群が原因の体臭が気になる・・・そんな方におすすめできる、におい対策サプリメントを紹介しています。


いずれも、掲載しているのは現時点でおすすめできると思う製品であり、今後変わるかもしれません。

乳酸菌を摂ろう

ガスのにおいを消臭!サプリメント

ガスのにおいを消臭!グッズ

運動で症状緩和

過敏性腸症候群 においの原因と対策

過敏性腸症候群の症状改善のために

過敏性腸症候群の基本知識

ページのトップへ戻る