過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ ヨーグルトよりも安く効率が良い

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ ヨーグルトよりも安く効率が良い



過敏性腸症候群の症状を軽減するために、腸内環境の改善は欠かせません。

腸内環境を改善したからといって、過敏性腸症候群の原因を解決することにはなりませんから、お腹がゴロゴロするといった症状を完全になくすのは難しいのですが、腸内環境を改善すれば、日常の悩みの種になりやすい便秘やにおいを大幅に改善できます。

そんな腸内環境の改善に効果が期待できるのが、乳酸菌の摂取です。

お腹には乳酸菌が良いというのは周知の事実であり、実際、市販品にはお腹に良いことを謳ったヨーグルトや乳酸菌サプリメントがたくさん販売されています。

多分多くの方は、手に入れやすく食べやすいヨーグルトを乳酸菌摂取の候補にあげるではないかと思いますが、過敏性腸症候群の方が乳酸菌の摂取を考えるのなら、サプリメントのほうが断然おすすめ。

その理由について解説します。




ヨーグルトによる乳酸菌摂取は量をとる必要がある



普通の体調の方が、お腹の調子を良くするためにヨーグルトを摂取するのは悪くないことだと思いますし、それなりに効果も期待できると思います。

しかし、過敏性腸症候群の方が腸内環境を改善するためにヨーグルトを食べる場合、毎日結構な量を食べる必要があります。

個人差がありますが、乳酸菌はある程度の量をとらなければ腸内環境の改善には効果が出にくいからです。




摂取量の目安としては、腸内環境の改善を考えるのであれば乳酸菌を1日5000億〜はとりたいところ。可能であるのなら、もっと摂取した方が良いです。

ですが、小さいカップのヨーグルトだと、せいぜい100億程度の乳酸菌しか摂取できません。

ヨーグルトで腸内環境の改善を目指すとなると、かなりの量を食べなくてはならないことになります。それでも5000億〜の乳酸菌を摂取するのは難しいでしょう。




もしあなたがヨーグルト好きだというのなら、毎日たくさんヨーグルトを食べることも大して苦ではないと思います。

そういった方は、ヨーグルトを食生活に取り入れるようにしてみるのも悪くはないでしょう。

しかしヨーグルトがあまり好きではなかったり、乳製品でお腹を壊しやすい方の場合だと、たくさんヨーグルトを食べるのは大変です。

ヨーグルトは乳糖がある程度分解されているため、乳製品でお腹を壊しやすい方でも食べやすいのですが、量をとるとなると話は別。沢山食べることでお腹を壊してしまったり、冷やしてしまう可能性もあります。

症状を改善するためにヨーグルト食べているのに、ヨーグルトでお腹の調子を悪くしてしまっては元も子もありません。




乳酸菌サプリメントは高い?

サプリメントというと、高額なイメージを持つ方も少なくありません。
一方でヨーグルトは気軽に買えるお値段です。

そういったことから、ヨーグルトで乳酸菌摂取を心がける方も少なくはないと思うのですが、ある程度の量を食べるとなるとヨーグルトのほうがお金がかかります。



よく考えてみてください。

小さいカップヨーグルトが1個100円だとして、1日に2〜3個食べると200〜300円。1か月続けると、なんと6000〜9000円もかかるのです。




一方で、サプリメントは1〜2ヶ月分がワンパッケージとなっていることが多く、その金額だけをみるとお金がかかるイメージがあります。

しかし購入するサプリの種類にもよるものの、前述したヨーグルトと比べて高いかというとそんな事はないと思いますし、買う手間もかかりません。

かえって、サプリメントの方がコストを落とせる場合も多いのです。




摂取する乳酸菌の量を調整しやすい



ヨーグルトで乳酸菌をたくさんとるとなると、たくさんのヨーグルトを食べなくてはいけません。

特に乳酸菌を飲み始めたばかりの頃は、やや多めにとったほうがお腹への効果が出やすいのですが、サプリメントなら飲む量をちょっと調整するだけで、摂取する乳酸菌の量を大幅に増減できます。

腸の調子が悪いときには多めに、調子が良いときには量を減らす…なんてことが、サプリメントなら簡単にできるのですよね。

乳酸菌自体はとりすぎても排出されるだけで害はありませんから、継続しての摂取も安心です。




なお、乳酸菌にプラスして別の成分を配合しているサプリメントもあるかもしれません。

乳酸菌はとりすぎたとしても問題はありませんが、他の成分に関しては、過剰症を防ぐために一日の摂取上限量を守らなくてはなりません。

複数の成分が配合されたサプリメントを利用する場合には、摂取量にご注意ください。



サプリメントは水さえあればいつでも飲める



ヨーグルトは状況によっては食べにくい場合もあります。
食べようと思えばいつでもどこでも食べられないことはないですが、外出しているときに食べるのは難しいですよね。

しかし、サプリメントは水さえあればいつでもどこでも飲めます。

外出先で食事をした後に飲んだり、虫歯の原因にもならないため、夜歯を磨いた後にも飲みやすいです。

その時の予定や状況にとらわれず飲むことができるという理由から、私自身も乳酸菌の摂取にはサプリメントをメインに利用しています。

ふだんはヨーグルトで乳酸菌の摂取を心がけている、という方も、サプリメントを常備しておくといざというときに重宝するはずです。




以下、おすすめの乳酸菌サプリメントです。
いずれも腸まで届きやすいという特長をもっていること、また価格も適正で無駄がありません。

乳酸菌革命





リピート率85%、60万袋の販売実績(記事作成時点で確認)があるという、当サイトもおすすめの乳酸菌サプリメント。

1日分の2粒で、なんと1,000億個もの乳酸菌が摂取できます。

沢山の乳酸菌が摂取できても、胃酸に弱くては効果も低減してしまいますが、本サプリは胃酸や胆汁に耐性のあるカプセルに入っているため、生きたまま腸まで届けることができます。

また16種類もの多種多様な菌が配合されており、なかなか腸に合う菌が見つからないという方、飲み続けると菌に慣れてしまいやすいという方にもおすすめ。

価格もかなりお手頃で続けやすく、イチオシです!






ライラック乳酸菌








有胞子性乳酸菌()の中でも特に強い「ライラック01株」を使用した乳酸菌サプリメント。

2粒で1億個の乳酸菌を摂取できることに加えて、胃酸に強い菌であるため、そうではない乳酸菌サプリメントよりも菌が生きたまま腸に届きやすいという特長があります。

胃酸に弱い乳酸菌サプリだと沢山摂る必要がありますが、本製品では効率よく乳酸菌を摂取でき、無駄が少ないです。

乳製品を使わない完全植物性の乳酸菌であることに加え、乳糖や保存料、増量剤、香料など余分な成分を入れないなど、成分にも徹底的にこだわっています。

価格も乳酸菌の量や、ひと月あたりの金額を考えると手頃です。

※硬い胞子の殻につつまれているため、胃酸や胆汁、熱などに耐久性がある






ファスコン整腸錠プラス





腸内細菌である乳酸菌「フェカリス菌」「アシドフィルス菌」「ビフィズス菌」と、腸内細菌の増殖を促す「納豆菌」の4種の生菌を配合した整腸剤です。

腸まで届く菌に加えて消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を配合することで、腸内の働き全体をサポートします。

続けやすい価格が魅力。
5歳以上であれば、子供の飲用もOKです。






注意点として、乳酸菌は同じものを摂り続けていると効果が出づらくなってきます。

効果がなくなるわけではありませんが、気になる方はいくつかの種類の乳酸菌サプリを1か月おきくらいに飲み変えるようにすると良いでしょう。

また、できるだけ沢山の種類の乳酸菌が含まれたサプリメントを摂るようにすると、体が慣れにくいです。




においに関する疑問・対処法

過敏性腸症候群におすすめのアイテム

過敏性腸症候群の基本知識

過敏性腸症候群の改善のために

ページのトップへ戻る