過敏性腸症候群の方は下痢時も体臭が強くなりやすい その理由について

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

過敏性腸症候群の方は下痢時も体臭が強くなりやすい その理由について



過敏性腸症候群の方は、体臭が強くなりやすいです。
特に便秘などをすると、てきめんににおいが強くなります。

普通の体調の方でも便秘をすると体臭が強くなりやすいですが、過敏性腸症候群の方は、特にその傾向が強いのですよね。

そういった理由から私自身も便秘をしないように気をつけているのですが、実は便秘だけではなく下痢も体臭を悪化させやすいということ、ご存知でしょうか?



なぜ下痢をすると体臭が強くなる?



下痢というと腸内に溜まった老廃物、すなわち便が一気に排出されるというイメージがあります。

体によくないものを出す事が出来るため、便秘に比べるとにおいが気になりにくいようなイメージがありますが、実は下痢を起こした時にも、便秘をしているときと同じく腸内環境は悪化していることがほとんど。

悪臭成分が発生しやすくなっている状態であるため、体臭も強くなりやすいのです。



過敏性腸症候群の方なら理解しやすいのではと思いますが、下痢をしている時にはなんとなく甘酸っぱいような、便秘をしている時とはまた違ったにおいの体臭がすることがあります。

便秘をしている時のにおいほどひどくはないものの、悪臭である事には変わりありません。正直うんざりします。

加えて下痢時はガスが発生しやすくなっているため、悪臭成分が腸壁から吸収されやすく、便秘の時よりも体臭が強くなりやすい傾向にあるのですよね。

周りからしてみると、おならのにおいとはちょっと違うけど、なんか臭い・・・という感じでしょうか。



下痢による体臭を改善するには

下痢をすると体臭が強くなりやすい方は、腸内環境が悪化していることがほとんど。においを改善するには、腸内環境の改善が一番効果的です。

腸内環境が悪化していると体臭が強くなるのは、腸内の悪玉菌が増えると、腸内で腐敗した食物を分解する際に有害なガスを発生しやすくなるため。

逆に善玉菌が増えると悪臭成分が発生しづらくなり、においも抑えられます。

下痢をしないことが一番ではあるのですが、それよりもまずは善玉菌の多い健康的な腸内環境を目指すようにしましょう。




腸内環境の改善に効果的なのは?



腸内環境を改善するのに手っ取り早い方法は、乳酸菌の摂取です。

もちろん生活リズムや食事内容を考慮する必要もありますが、乳酸菌を毎日取るようにすることで速やかな腸内環境の改善につながります。

おすすめは、まとまった量を簡単に摂取できるサプリメントの利用です。

参考ページ: 過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ ヨーグルトよりも安く効率が良い

ヨーグルトなど食事から摂取するのも悪くはありませんが、量をとりにくいこと、また乳製品でお腹を壊しやすい方がたくさんヨーグルト食べるのは大変ですし、ある程度の量を毎日食べるとなるとコストもかかります。

水さえあればどこでも飲めるという点で、サプリメントがベターな選択ではないでしょうか。




においに関する疑問・対処法

過敏性腸症候群におすすめのアイテム

過敏性腸症候群の基本知識

過敏性腸症候群の改善のために

ページのトップへ戻る