過敏性腸症候群の症状改善のためにできること

当サイトは過敏性腸症候群で悩む管理人が、過敏性腸症候群の様々な情報や対処法について解説するサイトです。特に「におい(臭い)」の改善について、経験をもとに詳しくお話ししています。

過敏性腸症候群の症状改善のためにできること

  1  2   > next
空腹になると下痢・ガス症状が起こる人もいる
腸が過敏で、食事をすると下痢やガス症状が出る方は多いですが、逆に空腹になると下痢やガス症状が出てしまう方もいます。お腹の中にものはないはずなのに、なぜ下痢やガスの症状が出るのでしょうか?対処法は?

ガス・下痢を治したいからといって断食はおすすめできない
下痢やガス腹の改善に、断食が良いなどといわれる事があるようです。確かに断食は、一時的に胃腸を休めることができるため、良い影響もあるかもしれません。ただ、それで症状が完全が治るかというとそんな事はありませんし、断食にはデメリットもあります。

ガスの腹鳴りは鳴ってほしくない時ほど起こりやすい 対処法は?
ガスの発生がひどく、腹鳴りを経験されたことがある方は少なくないと思います。普通のゴロゴロ・・とはまた違った目立つ音なんですよね。最悪な事に、鳴ってほしくない時ほど起こりやすかったりします。この腹鳴り、どうにかならないものでしょうか?

空腹時に食事をとると腹痛・ガス症状の反動がきつい 対処方法は?
お腹の弱い方が空腹な状態で食事をすると、蠕動運動による腹痛やガスの発生による膨満感が出ることがあります。時に、我慢できないほどの腹痛が起こる事も。今回は、そんな腹痛・ガス対策についてお話しします。

ビオフェルミン等で下痢やガスが即治るわけではない なら何の為に飲むのか
腸が過敏になることによって起こる下痢や便秘、ガスの症状を改善するために、ビオフェルミン等の乳酸菌を摂取しようとお考えの方は少なくないようですが、ビオフェルミンで即症状を抑えることはできません。しかし、お腹には乳酸菌が良いといわれるのですよね。飲んでも治らないのに、一体何のために飲むのでしょうか?

過敏性腸症候群の人がガスピタンを飲むと 逆におならを増やしてしまうかも
おならでお悩みの方で、ガスピタンが気になっている方、また実際に使ったことがあるという方は多いのではないでしょうか?ガスだまりの解消に効果の高いガスピタンですが、ガスっぱらの症状がある方が使うと、逆におならを増やしてしまうかもしれません。

朝食べると過敏性腸症候群の下痢やガスがひどくなる なら朝ごはんを抜いてみよう
朝ごはんを食べると、必ずといっていいほどお腹がゴロゴロして下痢やガスの症状が出てくる…。そんな方は、思い切って朝ごはんを抜いてみてはいかがでしょうか?ご飯を抜くことで胃腸が休まり、腸の状態がよくなるメリットも得られるかもしれません。

玄米は本当にお腹に良い?過敏性腸症候群の方には良くない食べ物かも
体に良いイメージがある玄米。実際、食べはじめてお腹の調子が良くなったという声もあるようですが、腸が過敏な方には、必ずしも良い食べ物だとはいえないんですよね。逆に症状をひどくしてしまうかもしれません。

マメにトイレに行くと過敏性腸症候群の症状はひどくなりやすい ちょっと我慢してみる
下痢をよくする方で、何度もトイレに行く癖がついている人は少なくありません。出るものがあるのなら出した方が良いことは確かなのですが、何度もトイレに行くことによって逆に症状をひどくしまうこともあること、ご存知でしょうか?

ペパーミントが過敏性腸症候群に効くというのは本当?実際に試してみる
胃腸の不快な症状にハーブのペパーミントが良いといわれますが、実際のところどうなのでしょうか?サプリメントを買って試してみました。

  1  2   > next

ガスのにおいを消臭!グッズ






ガスのにおいを消臭!サプリメント





乳酸菌を摂ろう







運動で症状緩和




過敏性腸症候群のにおいの原因・対処法







過敏性腸症候群の症状改善のために







過敏性腸症候群の基本知識






<フッター> <アクセス解析>
ページのトップへ戻る